サービス開始キャンペーン
サービス開始キャンペーン

独自SSLについて

SSL当サービスでのホームページ維持管理では、すべて「独自SSL」が標準で含まれています。

問い合わせフォームだけでなく、サイト自体をSSL化しますので、ホームページを「https://~」で始まるURLで公開することができホームページのセキュリティを高めると同時に、閲覧者に対して信頼感を与えることができます。

共有SSLでなく「独自SSL」をご提供

レンタルサーバの契約をしたことのある方でしたら、知っている方もおられると思いますが、たいていのレンタルサーバ会社では「共有SSL」を無償提供しています。共有SSLを利用することで、問い合わせフォームなどのSSL化をおこなうことが可能です。

ただし、問い合わせフォームのURLは、独自ドメインでなくレンタルサーバ会社の名称などが入ったURLになります。これは、率直に言いますとあまり見栄えのよいものではありません。独自SSLの場合は、そのようなこともなく、すべてお客様用の独自ドメインによるhttps から始まるURLとなり、閲覧者に信頼できるサイトであるという安心感をあたえることができます。

※当サービスで提供する独自SSLは、Let’s Encrypt によるサービスとなります。

seo対策にも有利な独自SSL

サイトをSSL化することは、seoにも有利になると、グーグルのウェブマスター向けブログにもはっきりと書かれています。

SSL化されているか?されていないか?は、グーグルの検索順位決定アルゴリズムの要素であると書かれています。今後新規にホームページを公開する場合は、httpsから始まるSSL化されたURLで公開することが重要であると言えるでしょう。こうした背景をもとに当サービスでのホームページ維持管理では、SSLを標準対応としています。

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でのデータのやりとりを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。個人情報やクレジットカードなどの重要なデータを暗号化して、通信の安全を確保できます。

SSL化されていないhttpで始まるURL
これは、通常のhttpから始まるURLですが、SSL化されていません。

SSL化されているhttpsから始まるURL
これは、httpsから始まるSSL化されたサイトをブラウザで見た場合の表示です。
URLの左側に「緑色のカギ」のアイコンが表示され、安全な通信ができる状態であることを示しています。

Scroll Up